読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

ギャラリーKEIAN「響きあう技 中川原信一×柴田恵」に行きました。

11月の終わりごろ、 またギャラリーKEIANに行ってきました。 「響きあう技 中川原信一×柴田恵」。 あけびかごの中川原さんと竹かごの柴田さん、お二人の展覧会です。 午後にお二人のお話し会があったので 午前中から行ってデモンストレーションも見せていた…

あけびのかごバッグを探す。⑩最後に。

かごやホームページより こだし編み&リング手の 涼し気なこちらのかごバッグは ”郷愁と古い文化からのもの作り”をテーマにさまざまな商品を製作販売されている「かごや」さんのもの。 item.rakuten.co.jp 山葡萄や胡桃のかご、自然素材のキッチン用品などた…

あけびのかごバッグを探す。⑨長野-2〜再び青森。

長野県むきあけび 手提げバスケット(二本手)税込54,000円 こちらの不思議な色合いのバスケットは 「暮らしの竹かご屋 明治四十年創業 市川商店」さんで取り扱われているもの。 薄く着色した籐なのかと思ったのですが そうではなく 皮をはぎ取ったあけびの…

あけびのかごバッグを探す。⑧長野-1

福島・会津の回でも取り上げさせていただいた 日々の暮らしで使う日本の手仕事のものを扱うお店「FRANK」さんに長野のあけびかごもありました。 あけび小判すかし手提げかご小 雪の深いところほどかご編みに適したあけびが採れる、というようなことをききま…

あけびのかごバッグを探す。⑦岩手、山形、宮城。

あけびかごバッグを探すシリーズはまだ続いております。 青森、福島、秋田、と見てまいりました。 東北地方では他に岩手と山形と宮城のものも見つかりました。 「着物+帯+小物+生活雑貨=おまめ」という「OMAME」さんは 洋服を着る感覚で和装用の小物を選…

あけびのかごバッグを探す。 ⑥秋田・横手、中川原十郎さん、信一さん親子

あけびのかごは 昔は農閑期や農業の合間に作られていたもので 専門の作り手がいたわけではなかったのだと思いますが 明治以降、専業の職人さんという存在も生まれ、 その中に 飛びぬけた存在の作り手、歴史に名を残す名工も生まれたのでした。 秋田県横手市…

あけびのかごバッグを探す。⑤福島・会津

かご編みについて調べ始めたごく初期のころ、 近所の本屋さんでこの本を買いました。 「つると草の編みカゴの本」(誠文堂新光社)。 かごの編み方の本ではなく、 日本各地のかごの作り手の方が紹介されている本です。 この表紙の写真もそうなのですが 福島県…

あけびのかごバッグを探す。④青森-3

あけびのかごバッグがどこで作られているのか、どこで手に入るのか、 それぞれの産地や作り手にどんな特徴があるのか、など 今わかる範囲で調べております。 前々回から書いている青森は あけびかごの産地としては今一番メジャーなところです。 本日は 工房…

あけびのかごバッグを探す。③青森-2

青森県弘前市には「みかみ工芸」さんもあります。 ネットショップでの取扱い数は多くはないのですが 工房についての記事は多く 宮本工芸さんと並ぶ存在なのかなと思います。 出典:こりす日記 3年ほど前の手仕事調査の記事。 teshigoto.jp 北国のよいものが…

あけびのかごバッグを探す。②青森-1

あけびのかごは寒い地方で作られます。 東北の各県と、長野などで作られているようですが なかでも多いのは青森の弘前、そして福島の会津なのではないかと思います。 まずご紹介する青森県弘前市の「宮本工芸」さんは創業約70年。 あけびかごのお店の名前と…

あけびのかごバッグを探す。①はじめに。

あけびのかごは日本を代表するかごです。 植物の「蔓」を使って編むかごとしては日本で一番メジャーなものです。 自然素材のかご全体でいうと日本で一番はもちろん「竹」であって 産業としても大きいですし 古くから公の場を含むいろいろな場面で使用される…

あけび篭 ラウンドトレイ

出典:hitofushi あけびというのは 材料そのものが本当に魅力的だと 改めて思う一品です。 かなり大きいのだけど(直径44㎝) とてもシンプルな形、編み方。 値段も張ります。 目の前にあると 心の落ち着きどころになりそうな佇まい。 「籐」で ここに近づける…

あけびのバッグはやっぱり欲しい

楽天でも、アマゾンでも、そうたくさんではないけれど見つかります。 職人不足、材料不足が聞かれますが 人気は不動というか、価値が上がってきている気がします。 あけび細工は昔からあるとは思いますが、 今お洒落な感じで売られているようなバッグは 昔は…