毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

本・雑誌

フェリシモの籐かご編みキット。

発売から10日くらい過ぎたようですが、まだまだテレビCМをよく見かけるデアゴスティーニの籐かごシリーズ。 本屋さんにも山盛りになって売られています。手にした方も多いのではないでしょうか。 これを長く続けていかれる方がいたら、ぜひブログをやって大…

デアゴスティーニ「籐でつくる小物とバッグ」

先日こんな広告を見つけてたいへんびっくりいたしました。 隔週刊 『籐でつくる小物とバッグ』株式会社デアゴスティーニ・ジャパンのプレスリリース なんと籐工芸の教則本、それがあの「デアゴスティーニ」から、です。 私が参考にしている何十年か前の籐工…

「& Premium 」にebagos(エバゴス)のデザイナーさん。

雑誌「& Premium (アンド プレミアム) 」2017年 5月号に、ebagos(エバゴス)の曽我部美加さんが載っていらっしゃいました。 アトリエのお写真でしょうか。 天井にたくさんの製作途中のかごが吊るされています。 お馴染みの紅籐の、かご部分は編みあがってい…

FUDGEに流行が追いついてきているような気がします。

雑誌「FUDGE」が好きで時々買います。 私がもっと若くてファッションに対して貪欲なころだったら、毎月買っているかなと思いますが、そんな時代を過ぎても相変わらずファッション誌を見るのが好きで、これはと思う雑誌はあまりジャンルにかかわらず欲しくな…

小澤典代さんの本「日本のかご えらぶ・かう・つかう」

小澤典代さんはインテリアスタイリストの方です。 私は今年の夏の終わりに銀座のアコメヤ東京でのトークショー「かごのお話し」で小澤さんと「松野屋」さんのご主人松野弘さんとのお話を聞いております。インテリアのプロの視点を持つとともに、ご自身もかご…

籐工芸 独学の教科書 ③

新商品づくりの試行錯誤の毎日を過ごしています。 ワクワクして始めても、やり直しやり直しでやがて疲れ果てて眠りにつくような日々です。 行き詰まりを感じ、また教科書的な本を図書館で借りました。 「籐を楽しむ本 基礎と応用(増補改訂版)」(小畑郁子/日…

片柳草生さんの本「暮らしのかご」と私

素敵な本がありました。片柳草生さんの「暮らしのかご」です。 落ち着いた雰囲気の表紙です。 少し前の本なのかと思いましたら今年の春の出版でした。 流行りの感じがなくて昔の「暮しの手帖」みたいです。 片柳草生さんは、編集者として 白洲正子の世界 名…

籐工芸 独学の教科書 ②

図書館で籐工芸の本を借りました。 「ラタンクラフト基礎編」(谷川榮子著/講談社)です。 最初に買った「籐工芸」以来、教科書的なものを買っていなかったので、もうちょっといろいろ見てみたいと思うのですが、本を買う前にできるだけ中身を見てみたいので…

籐工芸 独学の教科書

町の本屋さんで籐工芸を学べる本はほぼ見かけません。 今売られているのは、昔からあるものだと、かご編み全般の技法の本、伝統的な竹かごについて本、自然の蔓や草をそのまま編む暮らしの工夫の本、などでしょうか。籐はその中に少し載っている程度。 そし…

初めて買ったかごについての本

ネット調べる以外に、本屋で初めて買った本。 つると草の編みカゴの本~自然素材でつくる作家もの+作り方 日本のかごにも色々な材料があって、素材ごとに一人ずつ作家さんが紹介されている。 その地方で採れる材料を使って作られる、伝統に基づくかご編み。…