読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「kate spade new york」モロッコ風ラクダのかごバッグ。

今年も登場しました。 kate spade new york のスペシャルな籐のかごバッグ。 モロッコをテーマにした今回のシリーズ、 カラフルな飾りをまとったラクダがメインキャラクターです。 かごバッグは ¥74,520(税込)。 ポンポンの色もカラフルだけど深い色合い。…

あくまでも甘く優しい、古き良きアメリカのバスケット、「Midas of Miami」のバッグ。

「Midas of Miami」。 バスケットについて調べることがなければ きっと見ることも聞くこともなかったと思われる名前です。 「etsy」や「ebay」では今もこの名前のついた ヴィンテージもののかごバッグをいくつも見ることができます。 そしてそれらはちょっと…

ブラジルのアーティストによる籐の自転車、等々。

jarba lopesさんはブラジルの芸術家です。 いろいろなタイプの現代アート作品を数々発表されていますが なかでも一番有名なのは 2001年から2007年にかけて発表された 「CICLOVIAÉREA」という籐の自転車のシリーズです。 いちから自転車を作っているわけでは…

なかなか不思議な動物型の籐かごバッグの世界

籐工芸のいろいろを調べていると pinterestで時々出会ってしまう変わり種があります。 動物をかたどったバッグ。 どれもヴィンテージもので、年代が書かれているものはいずれも 1950年代、1960年代のものです。 なかでも気になってしまったのがこちら。 etsy…

籐のコルセットやパニエ、ドルチェ&ガッバーナ2013年春夏コレクション

少し前の話ですが 2013年のドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)の春夏コレクションは 籐を使ったドレスが注目を浴びたようです。 バッグではなくドレスです。 ドレス、といっていいのかわかりませんが 昔の貴婦人のコルセットの骨組みというか スカートを…

Kate Spade NEW YORK 今年のスペシャルバスケットはテディ・ベアとダルメシアン

ケイト・スペード、 自分には無縁のブランドなので横目で見ていたのですけど 毎年籐のバッグが出ていることは知っていました。 キチンとした感じの女の子らしいバッグが多いですが 妙に具象的な謎のシリーズもあるようです。 気になったので調べてみました。…

2016年、籐のかごバッグはどこで買えるのか。④その他とこれから。

今では結構懐かしい、籐の手提げを作って売っています。 籐と一口に言っても 今は自然のつるをそのまま編むようなタイプの籐が流行ですが 私が使っているのはつるを均等に割いた「丸芯」という 昭和時代の買物かごによく使われていたもの。 昔ながらの「丸芯…

2016年、籐のかごバッグはどこで買えるのか。③籐かご・バスケット・雑貨「menui(メヌイ)」さん

籐の「丸芯」で手提げを作って売っています。 はじめてまだ日が浅いので 自分で作るときに見たり聞いたりいろいろ参考にできるものをかなり探しました。 昭和の時代に「買物かご」として普及した丸芯の籐のバッグ。 今はどこで手に入るのか、 記録の意味も込…

2016年、籐のかごバッグはどこで買えるのか。②暮らしの道具「松野屋」さん

世間ではあまり見かけなくなった「丸芯」の「籐」のかごバッグ。 どこにあるのか私なりにまとめてみています。 出典:松野屋 「昔ながら」にこだわるつもりはありませんが1回目は昔ながらの金物屋さんでスタートしました。 今回も「昔ながら」の品物ですが …

2016年、籐のかごバッグはどこで買えるのか。①昭和のレトロな金物屋・荒物屋「関口国吉商店」さん

バスケタルの屋号で籐の手提げなどを作って売っています。 かご好き女子なる静かなブームがあったりして 世の中にはお洒落なかごバッグというものがたくさん売られています。 しかし、こと「籐」となると微妙に流行のラインからはずれていて どこにでもある…

器ではないけれどかごに少し似ている、ラタンミラー。

籐のインテリアを調べていると ラタンミラーというものをよく見かけます。 丸い鏡をぐるりと籐の装飾で取り囲んだ 壁掛け用のものです。 器ではないですが、かごに似たものです。 花や星のような美しいかごがありますが そこから容器としての機能を引いたも…

編組の丸い器を編むために④花のようで星のようで。

美しいです。 花のようです。 出典:公長斎小菅ホームページ 竹の可能性を広げる、くらしのためのデザイン。 竹を取り入れて涼のある食卓。|特集|EEIE 創業100年を超える京都の竹細工の老舗、 「公長斎小菅」さんの「八つ手盛り皿」です。 こちらは竹の鍋…

編組の丸い器を編むために③うろこ編みのかご

バスケタルの屋号で籐のものを作って売っています。 今は手提げ中心。 なんとか手提げ以外の、どこかに置いて使う容器を作ろうと いろいろ見たり聞いたり考えたりしたことを 書いてみています。 このかご、可愛いでしょう。 これは今年の1月に秩父皆野町の…

フランスの花嫁のかご「パニエ・リュスティック」

先日立ち寄った骨董市で 凝ったデザインのかごバッグを見ました。 それはアンティークのものだったのですが、 調べると一点ものではなく 伝統的なデザインであることがわかりました。 「パニエ・リュスティック」というそうで(panier le rustique?) 画像検…

籐工芸 独学の教科書 ③

新商品づくりの試行錯誤の毎日を過ごしています。 ワクワクして始めても やり直しやり直しでやがて疲れ果てて眠りにつくような日々です。 行き詰まりを感じ、 また教科書的な本を図書館で借りました。 「籐を楽しむ本 基礎と応用(増補改訂版)」(小畑郁子/日…

Springbok Benches、ガゼルをかたどった籐のベンチ発見。

「springbok(スプリングボック)」とは南アフリカのガゼルの一種だそうです。 pinterestという私が今使いこなそうとしてできてないサービスで、 興味の対象を検索するとよく出てきてしまって気になるので 貼らせていただきました。 ANTHROPOLOGIEというアメ…

IKEAの籐の椅子、安い。安すぎないか?

ついでがあってイケアのホームページを見ていたら やっぱりあるのですね、籐製品。 安いバスケットはたくさんあるだろうとは思っていましたが 椅子もありました。 ラウンジチェアとでもいうのかな、 少しゆったりと座れるタイプの椅子です。 背中が当たる部…

籐材料について④

今日は昨日よりも細かい、 毎日の作業で気づいたことを書いてみます。 私は「籐」の「丸芯」という、 均等な太さにきれいに割かれた材を使っています。 ◯丸芯の中にも柔らかめと硬めがある。 一つの束の中でも、硬さにはバラつきがあります。 硬くて表面もツ…

籐材料について③

材料について今わたしが思うことを 書いてみます。 昨日のブログに書いたように 長い歴史を持つ「籐」です。 流行り廃りということでいえば、今は流行ってはいませんが もう当たり前の材料として定番として普及していることを考えると この先もなくなること…

籐材料について②

昨日に続き「籐」材料についてです。 素材の特徴、歴史などを書いてみます。 ◯「籐」は竹冠の漢字です。よく似ていますが「藤」は草冠。 ◯英名はrattan(ラタン)。マレー語由来だそうです。 ◯日本では採れません。100%輸入材です。 アジア、アフリカ、オース…

籐材料について①

「籐」という材料について少し書いてみます。 私は 大阪の大和籐工業株式会社さんから材料を買っています。 ネット注文です。 大和籐工業さんは 天王寺区に実店舗「ラタンショップSEIKO(セイコー)」を持ち、 籐家具・籐製品の直輸入卸小売り販売と 籐材料…

「SIRISIRI」、クールビューティーな籐のアクセサリー。

美しいアクセサリーがあります。 籐のバングル。 デザインしたのはジュエリーブランド「SIRI SIRI」。 全て出典:SIRISIRI こちらもバングル。 「SIRI SIRI」とは 「鎖」を意味するスワヒリ語「silisili」にヒントを得た言葉なのだそうです。 インテリアや建…

健やかに循環する仕事「F/style( エフスタイル)」の籐の波型バスケット

深津絵里さんが出ているダイワハウスのCМで 使われている洗濯かごに少し似た雰囲気を持つかごです。 以前ハンドメイド通販サイト「iichi」さんの特集ページで使われていて 気になっていました。 「F/style エフスタイル 籐の波型バスケット」です。(現在品…

籐の布団叩き、瀟洒ではないですか。

出典:昭和のレトロな金物屋 関口国吉商店 これなんだかわかりますか。 籐の布団叩きですね。 「昭和のレトロな金物屋 関口国吉商店」さんで販売されています。 値段が驚きの税込389円なんですけど・・・ デッドストックなのでしょうか。 それにしても昔うち…

「竹虎」さんの「丸籐ランドリーボックス」

昨日アメリカ製のランドリーバスケットをご紹介しました。 もちろん日本にもいいものがありますので それについて書きます。 籐製で、足のついてない、大きなバケツみたいな形のものは よくあります。 ありふれたものもお洒落なものもあります。 足のついて…

「柳行李」は昔、うちにもありました。

豊岡杞柳細工の「たくみ工芸」さんは 材料となるコリヤナギの栽培から製作、加工まで一貫して行う 国内唯一のメーカーなのだそうです。 takumi-yanagi.com 写真の立派な行李は129,600円。 うちにあったような庶民的な行李とは 細工の質がちがうのだと思われ…

これもナナさんの椅子。

昨日から引き続きの家具のお話です。 「EGG」はヨルゲン&ナナ・ディッツエル夫妻名義でしたが こちらはナナさんだけみたいです。 1951年のデザイン。 「ラタン ラウンジチェア ラナ」。 いやーこれは、素敵です。 シンプルと言えばEGGもそうでしたけど これ…

Jorgen&Nanna Ditzel(ヨルゲン&ナナ・ディッツェル)の籐の椅子「EGG」

残念ながらうちにはありませんが 外出するとお店などで籐の家具を結構よく見かけます。 太めの材でフレームを作り、細めの材でかご状に編んでカバーしたタイプ。 コンパクトで普通の椅子とかわらないものから 緩やかな曲面によるゆったりしたボリュームを持…

無印良品[店舗限定]ラタンラウンドバスケット

無印料品と言えば ナチュラルだけれど ちゃんとシステマチックな インテリア用品がたくさんで いつ行っても新しい発見があるお店です。 気が付けば歩いて行ける範囲に何軒かある。 すっかり慣れ親しんで 特に用事がなくても行けば落ち着きさえ感じます。 無…

籐工芸 独学の教科書 ②

図書館で籐工芸の本を借りました。 「ラタンクラフト基礎編」(谷川榮子著/講談社)です。 最初に買った「籐工芸」以来、教科書的なものを買っていなかったので もうちょっといろいろ見てみたいと思うのですが 本を買う前にできるだけ中身を見てみたいので 図…

Sferaの籐のバッグ

今年の春、購入した 「Sfera(スフェラ)」のバッグです。 均質な、籐の丸芯で編んであります。 無塗装です。 京都の「Sfera」というブランドは ファッションというよりライフスタイル全般のプロダクトデザインを クリエイティブに産みだし続けているところで…

籐のゆりかご、乳母車

昨日の記事の続きになりますが・・・ 籐のゆりかごは今も作られています。 「ベビーベッド」ではなく「ゆりかご」となると 思い浮かべるものはほぼ「籐のかご」製のもの。 創業大正15年 籐家具専門店の「みうらラタン」さんでも いくつかのタイプが作られ売…

籐はゆりかごから棺まで

「ゆりかごから墓場まで」という言葉があります。 第二次世界大戦後、イギリスの労働党が 掲げたスローガンだそうです。 社会保障制度の充実をお約束します!ということでしょうか。 今では言葉だけが一人歩きしているように思えます。 籐の「ゆりかご」とい…

eb.a.gos(エバゴス)の紅籐のかごバッグ

今頃になって秋の新作ができないと 何週間もオロオロしている私ですが eb.a.gosの2015A/Wコレクションが涼しいお顔で素敵に揃っていたので 見せていただきました。 出典:Madrigal 日本で籐のバッグのブランドといえばeb.a.gos(エバゴズ)です。 それはもう…

この人はすごい。ラタンアーティストの信耕ヒロ子さん。

籐工芸の本を探していたら 個性的な作品の本を見つけました。 着色した籐で、飛行機やサボテンが編んである表紙。 この本の作家の方がすごいのです。 ホームページを拝見しましたら たくさんの作品がありました。 すごいですよね。 有名人、政治家、お相撲さ…

籐工芸 独学の教科書

町の本屋さんで籐工芸を学べる本はほぼ見かけません。 今売られているのは 昔からあるものだと かご編み全般の技法の本 伝統的な竹かごについて本 自然の蔓や草をそのまま編む暮らしの工夫の本 などでしょうか。 籐はその中に少し載っている程度。 そして今…

なるちゃんバスケット

出典:RattanShop SEIKO 私もたぶん幼稚園時代、買ってもらってうちにあったはず。 昭和の子です。 なるちゃんとは皇太子殿下徳仁親王のご愛称。 このバスケットがそんな風に呼ばれるものだとは知りませんでした。 うちにあったのはこの写真より薄めの水色、…