毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

自分の作業

3柄揃いました。

この春登場して、おかげさまで今一番人気になりつつあります、 「六角の手提げ」。 (これはよろけ編み。) このたび新柄2種、発売いたしました。 透かし縞と 混合縞です。 透かし縞は夏に向けてぜひ作りたかったもの。 このバッグの、トートバッグよりハン…

六角の手提げ、増殖中。

この夏の新製品開発は打ち止めにしたはずなんですが・・ 「六角の手提げ」を柄違いで並べたくてまた作業しています。 いろいろいろいろやってみましたが、夏らしい透かしの入った編み方と、幅の違う素編みを混ぜた編み方になりそう。(真ん中がすでに出して…

これは気に入ってます。「六角の手提げ」。

連休明け、iichiに新作をアップいたしました。 「六角の手提げ」と申します。 編み方はまずは「よろけ編み」。 少し角ばった形に、柔らかい模様がよく似合います。 本体はわりと単純な六角形なのですが、サイドラインの延長線上の持ち手をつなげたら、雫のよ…

かごの修理につきまして。

先日、一年ほど前に手提げをお買い上げいただいたお客さまからご連絡をいただきました。 内容は、持ち手の芯材がはみ出してもとに戻らなくなっているとのこと。 かごの修理について明記するべきだろうかと考えてはいたのですが、つい後回しにしてきてしまい…

「舟の手提げ」穏やかな船出。

今年の新作ができました。 iichiで発売してます。 「舟の手提げ」。 少し横長の(大)細縞。 少し細身の(中)細縞。 (大)と(中)、高さは同じです。 簡単に言ってしまうと、山の手提げを逆さまにした形、細面の手提げの持ち手を小さくした形、です。 凝っ…

ネットショップ3年めに向けて

1月11日ですね。 まだまだ寒いですが、もうそろそろ今年の夏のかごバッグシーズンを見据えんとな、と思います。 去年の1月にもそんな記事を書いていました。 すっかり忘れていたんですけど、デビュー作の「四角い手提げ」は、やめると書いてます。ご注文をま…

「箱 1」出品まで

半月ほど前、なんとか初めての四角い入れ物を商品化しました。 前回までのあらすじは↓ここまでで終わっていたので結構な方向転換です。 またしても何を入れようというあてが無いまま四角い入れ物を作ろうとしていた私は、さてどんな個性を持たせようかという…

箱ができました。

とんとご無沙汰の、四角い器の続報をやっとアップできます。 2つの編み方で作りました。まずはこちらがよろけ編み。 平面の大きさがハガキくらいの箱ですが、バッグと同じ太さの材を使い、バッグとほぼ同じ大きさのよろけ編みをしているので2段とか3段ず…

冬は濃い色塗装で。

最初の最初は無塗装、その後、今までは「やや濃い色」と「薄色」の2色展開でやってきた私の籐の手提げです。 なぜ「濃い色」 がないのか。作りたいのは山々でしたがなかなか簡単ではなくて。 でもやっと出せた濃い色塗装の「栗の手提げ」。 今まで何度か塗…

2016秋・商品化まであとわずか⑤リトル・バーキン。

こんにちは、リトル・バーキンです。 ご挨拶から入りました。 遠くから撮ったのではなく、小さいのです。 このところ商品化を目指したグダグダを毎度書かせてもらっていますが、今回のはいきなり完成して塗装まで済んでしまいました。 丸いかごをどう作って…

2016秋・商品化まであとわずか④山の手提げは一周まわって・・・

単純なようでいて、これは地味に難しいと感じている「山の手提げ 大」のリニューアル。進んだり戻ったりしています。 「山の手提げ」は前面の下半分が長方形、上半分が台形になった形が特徴のシリーズで、自分でも気に入って「太縞」柄の「中」型は私の普段…

もうすぐ並びます。

籐のものを作って売っています。 この秋、新たに追加する手提げは、この3種類にしました。 四角い手提げを少し進化させた四角い手提げ2は2種類の編み方。 経過報告の記事でいろいろとやっていたけれど結局最初のひらめきで作ったタイプが忘れられずに元に…

2016秋・商品化まであとわずか③四角い器に蓋をつけた。

秋の新商品を試作しています。ほぼ商品化のめどがつくまでになってから記事にしようと思っていたらいつまでも記事が書けないという状態が続いてしまいました。 今苦しんでいるのは「手提げ」でない「かご」です。「手提げ」の方の記事と同様に製作過程の写真…

2016秋・商品化まであとわずか②小さめの手提げの進化形

「小さめの手提げ」を少し大きめに、ということで進めていた計画にも進展があります。 前回ここまででした。 この可愛くできあがった手提げ、、毎日部屋の片隅に置いて時々眺めたりしておりました。 もうこのまま商品化できそうだと最初は思っていたのですが…

2016秋・商品化まであとわずか①四角い手提げ2

今日は今年最後の30度越えの日だったそうです。いよいよ本格的な秋に向かって私の新商品開発も少しずつ深まっています。少しずつ。本当に少しずつ。 先日「2016秋・製作中」として経過報告をしていた品々のその後をご報告。のんびりじっくりやっていると秋も…

2016秋・製作中⑤山の手提げ(大)の近況

製作中シリーズが続きます。今までの記事、①〜④、手をつけるばかりで何一つ完成しないままでございます。 作ってみてこれではだめだなと思うとほどいて編み直しますが、それを何度か重ねてある程度形になるとまだまだだと思ってもちょっと放ってみたりします…

2016秋・製作中④この冬のデビューを目指して、四角い器。

籐の手提げを作っている過程で、失敗してしまってリカバリーもできないような時には捨ててしまうのはもったいないので底編みの部分を活かして別のものにしたりします。 そんなふうにして、これといってどうということもない、中途半端な入れ物がかなりの数に…

2016秋・製作中③丸い器の縁を立ち上げる。

これまでも何回も書いてきましたが、どんなふうに展開していけばいいか、バッグよりも進め方が難しいのが「器」です。 何をどう作ろうと自由ですし、持って歩かず、単体で存在しているのが難しさの理由になっています。 何を入れるのかどういう場面で使うの…

2016秋・製作中②小さめの手提げを少し大きめに、よろけ編みで。

今回のは前々から思っていたのではなく、最近ふと思ったこと。 「細面の手提げ よろけ編み」をもうかれこれを50個近く作ってきましたが、この魅力的な編み方で今度はもっと丸っこくて可愛い形も作りたいと・・ 細面の手提げ よろけ編み 「小さめの手提げ」を…

2016秋・製作中①四角い手提げをブラッシュアップだ。

四角い手提げは、去年の夏バスケタルを開店した時から作っていた、文字通りの四角い手提げです。 この写真を撮った開店当時はまだ、四角さが甘いですね。今は縁をおさめたあときちんと角を出して、もうちょっと四角らしくなっています。 今はこれ。 これ以上…

クールもあり〼。

先日ある方から、私のかごはどこかクールだと言っていただきました。ちょっと驚きましたが、うれしかったですね。かごを評する言葉としてはあまり聞かない気がしますが それもまたいい感じです。 確かに自分の作るものについて、温かみのある感じにしようと…

1歩ずつ少しずつ「丸い器」②

前回の記事に少し補足です。 手提げもそうですが器も常に試行錯誤中です。何度も編みなおします。何を目指すのか、どうやって、ということも何度も作っているうちに固まってきます。 この器の立ち上がりは微妙な角度なので、漫然と編んでいるとバラつきが出…

1歩ずつ少しずつ「丸い器」

iichiで籐の手提げや器を販売しています。器といってもまだ1種類で、出品して数か月はほとんど売れなかったんですが、このごろ少しずつ売れ始めています。 「丸い器 1」 ご注文を頂いてから作るのでネットショップの在庫はいつも「1」だったのですが、あ…

意外と初出荷。透かし編みの手提げ。

本日出荷の2点。お馴染みの細面の手提げよろけ編みやや濃い色(右)と、山の手提げ透かし縞(左)です。 山のシリーズ、この透かし縞に限っていうと初出荷になります。 こういうちょっと特徴のあるものより、目の詰まった普通のものの方が売れるようです。 私も…

小さい変化の積み重ね。型の作り直し

かごバッグシーズンです。 ご注文をたくさんいただき、1か月先までのカレンダーに予定を書き入れつつ製作をこなしていく日々です。 以前と比べたら自分の編むペースが決まってきて、このかごは何時間で編める、このかごは何日で編めるという、見積もりで予…

小さめの手提げ初出荷。

籐の手提げを作っています。 順番にご注文にお答えしてかごを編んでいるので新しい商品の番になるまで少しかかりました。このたび初出荷です。 小さいので早く編めると思いきや、まだ慣れていないのでやっぱり時間がかかりました。角度をつけて編んでいく部…

新作できました。

今まででいちばん小さい手提げが完成しました。 今朝からiichiさんに並んでおります。「小さめの手提げ」。 透かし縞と太縞があります。これは「山の手提げ」と同じ展開。 なぜかというともとは「山の手提げ」の「小」を作るつもりでいたのですね。でも実際…

2トーンカラー。

ご好評いただいております「細面の手提げ」に新しく2トーンカラーが! というわけではないのですが、これはこれで可愛いいので写真を撮りました。 「ざる編み」の上端の仕舞い方がどうにもまだ試行錯誤中で・・ 一旦完成させて塗装も済んだ手提げの持ち手を…

落ち込む日も迷う日も。

少しずつ新しい商品にご注文をいただいています。 値上げをしたので心配はありましたがひとまずほっとしています。 しばらくはそんなにサクサク編めません。 新しい商品を作るのは、少しずつ考えながら微調整しながら編み方のごく細かい部分を決めながらの作…

春は薄色塗装で。

「丸い器 1」では使っていたのですけど、手提げには初めて採用した「薄色塗装」です。 もともとの籐の材料は思いのほか白いもので、編んでいる最中の水に濡れている状態はもうちょっと濃い、木材らしい表情をしていますが、乾くとなんとも落ち着かない白さ…

今季のバスケタル始まりました。②

やっとです。ぬかるみに足をとられているみたいなのろい足取りだったわけですが、今の時点で考えているラインナップが揃いました。 前々回の記事でご紹介した「細面の手提げ」と「四角い手提げ」はそれぞれ2種類の編み方、細面に関しては2色の塗装が並びま…

今季のバスケタル始まりました。

一昨日から昨日にかけて、やっと今季の商品を並べはじめることができました。 まだ途中なのですが、お待ちいただいていた方からすでに何件かご注文もいただき、やっと動き出せたことをうれしく思います。 なんでこんなに並べるまではハードルを高く感じ、並…

思うように作業が進展しなかったけどお休みも終了。

昨日からネットショップを再開しました。前後半にわけて都合2週間ほどもお休みしてしまいました。 2年めに向けての商品の見直しを一気呵成にやっつけるつもりだったのですが、今並んでいる品物は丸い器ひとつだけでございます。 バッグの再入荷メールなど…

小さめもできた。

まだ口の部分が濡れてるが。 小さめと言っても底面の大きさは四角い手提げより少し大きくて、高さはほぼ同じ。上を絞ると全体が小さい印象に 四角い手提げ なるのだな。 気に入ったので2サイズ作ってしまいました。 絞る角度と絞りはじめの位置は共通にした…

もうすぐ完成、少し大きめの籐の手提げ。

籐の手提げを作って売っています。 秋冬は、下に向かってすぼまっている、逆に言えば上に向かって広がっている手提げを作ってきました。 この形、形はいいんですけど、中に入れて運ぶものが少ないとなんだかすごくガランドウなバケツ感が強くなるんですよね…

うれしいことがいくつかあった。

ハンドメイド通販サイト「iichi」さんで籐のかごバッグなどを販売しています。 昨日書いたように2年目のかごバッグシーズンに向けて新商品の試作中です。やっぱりすぐにはできずぐずぐずしています。 去年の11月ごろから「iichi」さんでご注文以外のお声…

ネットショップ2年めに向けて

去年の7月からハンドメイド通販サイト「iichi」で籐のかごバッグなどの販売をしています。 日数でいえばまだ1年めですが、冬が終わり、春夏ものを考えていくとなれば2度目のシーズンをむかえることになります。 はじめるに当たって、一つも売れないのでは…

売り上げの傾向がはっきりしています。

ハンドメイドクラフトサイト「iichi」さんで籐のものを販売しています。 年明け2個目のバッグを出荷しました。もう少し12月注文分の製作が続きます。 ところで、12月になって10%OFFクーポンが出てから夏のかごバッグシーズン以来の売り上げとなりました…

編組の丸い器を編むために①名前はない。

ハンドメイドの籐のかごを製作販売しています。 今のところ2種類のかごバッグだけが商品です。 そして今私が最も長い時間かけて考えているのは籐のお皿か盛りかご。手がついていない丸い器です。 かごバッグは今お店に並べているものを踏まえてまた次を考え…

これで行こうと決めてからもなんだかんだでいろいろある③

ハンドメイド通販サイト「iichi」さんでかごバッグを販売しています。 この秋から発売している「細面のかごバッグ」。 これで行こうと決めるまでも大変でしたが、決めた後も、やっぱりここがだめだからこう変えようというところが細かく言うとたくさんでてき…

これで行こうと決めてからもなんだかんだでいろいろある②

ハンドメイド通販サイト「iichi」さんでかごバッグを販売しています。 一昨日に引き続き製作にまつわる小ネタです。たくさんの人の役に立つような記事にはなるまいと思いますが世界のどこかにはかご編みの縦芯の倒れに悩んでいる人もいるかも知れないと自分…

これで行こうと決めてからもなんだかんだでいろいろある①

ハンドメイド通販サイト「iichi」さんでかごバッグを販売しています。 先日メールマガジンの特集に取り上げていただいたりして、ボチボチご注文もいただけるようになってきました。 しかし、いったんこれでよし!と決めて売り出したものの、1つ1つ手作りし…

何かの置き場を作りたい。

取り敢えず作ってみた、何かの置き場。卓上かどこかに置いて使う小物入れ。 たまたま、カメラとケータイとお財布が余裕持って入りました。 振り返るとバッグ作りも悩むには悩んだけど、目指す大きさとか形のことではそれほど悩まない。 その理由もわりと簡単…

籐の経年変化、といってもまだ三か月ですが。

写真の四角いかごバッグ、左が開店前の試作品で7月のはじめに編んだもの。 右は3か月後の、つい最近出荷したものなので10月なかばに編んだもの。 どうですか。写真で比べると結構違っています。 3か月前の方も、単体で見ると今でも結構白っぽい感じはします…

やっと新作をiichiさんにアップしました。

昨日の深夜やっとアップできました。秋のかごバッグ、三種類です。 形は全て同じ、編み方は三種類です。 形は夏の四角いかごバッグがやや横長の正方形に近いものだったのに対し、横幅を細く高さを高く、底部に向かって少し細くなる、スマートな形にしました…

秋の新バッグ、編み方を決定しました。

ぼやぼやしてたら夏が早めに終わってしまい、急がないと秋まで終わってしまう。 しかしまあ何かを作るということは、やればやるだけ面倒くさいことに足を取られるものと決まっているようです。 しかしやっと形はできました。 編み方はまた3種類。夏のバッグ…

籐の塗装について。 ⑧籐工芸ニス

出典:和信ペイントホームページ 籐工芸ニス | 和信ペイント株式会社 籐工芸ニススプレー | 和信ペイント株式会社 こういうものがちゃんとあるんですね。 こんなところからも今は意外にも思える籐工芸のメジャーさ、産業としての存在感を感じます。 色は飴色…

籐の塗装について。⑦The Rose Garden Color's

秋に向けた新作バッグ、形は決まりました。編地も三種類、考えた。塗装はいろいろやってきたけど、ウッドオイルでいこうかなと、ぴったりくる色がなかったので2色ブレンドで、というところまで考えていたのですが ふと立ち寄ったホームセンターでまた見つけ…

かご編み用の型について②

かご編み用の型について調べていたときに見つけたブログの記事があります。 「虎斑竹専門店 竹 虎」さんのホームページの中にあるブログ「竹虎四代目がゆく!」の記事です。 竹かご用のものですが、籐かごにも使えそうです。 そして記事にも書いてありますが…

かご編み用の型について

昨日の記事で自作の型のことを書きました。 私のかご編みは、やることなすこと独学と自己流ばかりで、試行錯誤をはじめたばかりで、一般的な正解かどうかはわからないことばかりなのですが、ともあれ今のシーズンはこの型で籐のかごバッグを編んでいます。 1…