春は薄色塗装で。

「丸い器 1」では使っていたのですけど、手提げには初めて採用した「薄色塗装」です。 もともとの籐の材料は思いのほか白いもので、編んでいる最中の水に濡れている状態はもうちょっと濃い、木材らしい表情をしていますが、乾くとなんとも落ち着かない白さに戻ります。 また何年か過ぎると自然に色がついてきますがそれに…