毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

「世界一美しいかご」 ナンタケットバスケット

かご編み教室を探していたとき、ナンタケットバスケットを知りました。

この頃人気が出て教室などもあるようです。

「世界一美しいかご」だそうです。

アメリカ東海岸のナンタケット島の漁師さんたちが先住民アメリカインディアンたちのかごを真似て編み、今では欧米のセレブの愛用品となっているそうで、オードリー・ヘプバーンやジャクリーン・ケネディが持っていて、唯一フォーマルな席でも許されるバスケットとされているそうな。 

f:id:chibie50:20150806101901j:plain

                                             出典:klaver japan

 

洗練されつくした姿です。乱れのない素材、編地です。これも籐なのですね。(「籐」と表記してあるところとそれ以外の木材がかかれているところとある。おそらく縦芯が籐もしくは他の木材、編み芯が皮籐のようなものだと思うのですが。)

 

それからかご編みの一番の難所であり考えどころであり、チャームポイントでもあるはずの、編みはじめの中心部分や、編み終わりの縁止めや、ハンドルが、全て編地と違う木材でつけてあります。

そしてびっくりするお値段。

 

↑ こちらで詳しく知ることができます。 

 

 こんな記事も書いています。

www.zumibasket.com