毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

AKOMEYA(アコメヤ) TOKYOに行ってきた。

銀座のAKOMEYA TOKYOで開かれている「日本のかご市」、

ならびに小澤典代さんと松野弘さんのトークショー“かごのお話し”を聞いてきました。

      出典:AKOMEYA TOKYOホームページ

AKOMEYA TOKYO

 

AKOMEYA TOKYOに行ったのも初めて。

有楽町の駅からほど近い場所にこんな素敵なところがあるとは

知りませんでした。

「一杯の炊きたての白いごはんから、つながり広がる「しあわせ」を。」

とあります。

通りに面した1階は

日本全国のお米をはじめとして

野菜やお酒も含むたくさんの食料品が並んでいました。

どれもお店のポリシーから厳選されたもの。

パッケージからもガツンと日本の誇りを感じる

品格のあるものです。

日本は豊かだなと感じさせてくれます。

「AKOMEYA厨房」というレストランも。

 

2階には食品同様選ばれた雑貨が並びます。

『「古い伝統につながるもの」と「しがらみのない新規のもの」。

「手作りの匠の作品」と「高度な工業製品」。』

この二つの共存から生まれるスタイル、文化を表現されています。

 

 

厳選された品物たちですが、

華美なものや高すぎる値段のものなどはなく

じっくりといいものを選ぶことができそうです。

 

なんでも手作りしたような

古くからの暮らしの中に私はもういません。

便利な方へ便利な方へと進んでいく。

人間らしさを感じる伝統的な暮らしは

頑固で不愛想で面倒くさい面を多分に持っていて

だからこそ育まれた豊かさも

本当は簡単には手にすることが難しいものです。

それをセレクトショップ的に見せてくれるお店で

もしかしたら母が見たら何か一言

チクリと言ったかもなどと思いつつ

私にとってはD&Departmentなどと同様、

親しめて落ち着ける、刺激にもなるお店です。

 

かごについては明日。

AKOMEYA TOKYO