読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

塗装について。⑤水性着色ワックス

 籐の塗装をしたくて

数ある木部塗料の中からいくつか試してみましたが

私が目指すところのものは

オイルステインやペンキよりも「水性ウッドオイル」が

理想に最も近そうでした。

オイルステインとウッドオイルの違いはわかりにくいですが

簡単にいうとステインは着色剤なので仕上塗りが必要。

カラーのウッドオイルはオイルフィニッシュ用の仕上剤に色がついたものです。

 

しかしもう一つ気になる種類のものが。

それは「ワックス」です。

オイルステインのように完全に浸透してしまわず、

表面に少し塗膜も残しながら浸透するという。

塗料というより仕上用のもの。

フローリングを保護するものという感覚でした。

小学校の床に黄色いドロッとしたワックスを塗っていたことを

思い出します。

そもそも「ワックス」とは「蝋(ろう)」のことで

植物系、動物系、石油系、合成、などいろいろあるけど

融点が高め、常温で固形の油脂のことです。

その中で着色もできるタイプとして

イギリスのBRIWAXなどが有名なようですが

やはり油性ですし

布で刷り込むように使ういわゆるワックスは

籐の編み目には向かないと思われました。

そこで探したのがこちら。

f:id:chibie50:20150915191834j:plain

アトムペイントの水性カラーワックス床用でした。

薄い色づきで、塗りやすくするために水で薄めたために、塗ってる感は少ない。

オイルステインやウッドオイルにくらべると吸い込んで行く感覚も少ない。

ニスほどではないけれど

表面にツヤが残る。

透明感もあって、マットにベタっとなりすぎないです。

「着色」ということに重きをおくならあまりふさわしくないですが、

私のバッグにはうまく色を選べば

使えそうだと思いました。

f:id:chibie50:20150915191842j:plain

 

ここからは後日の追記

 

ワックスについてその後も調べていたら

少し見方が変わりました。

仕上がり的には理想的だと思ったカラーワックスですが、

柔らかい塗膜を作るという性質上、

古くなると汚くなるということです。

これは感覚的に床用ワックスなどを思い出せばわかります。

そのため新しく塗りなおす時には

ワックス剥がしのためのクリーナーを使って

古い塗膜を一度剥がすのです。

かごバッグは床ほど圧を受けたり汚れたりはしないと思いますが

きれいに古びていかないかもしれないなと思いました。

ひとつバッグを塗りましたので

長い目で様子見てみます。

 

 

www.atom-paint.co.jp

 

 

www.zumibasket.com

chibie50.hatenablog.com