毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

塗装について。⑥水性着色ニス

今回、秋の新作籐バッグの試作を始める際に

大きく2つの方向を考えていました。

一つはツヤのあるペンキで塗りつぶしてしまう塗装。

色はナチュラルな色ではなく

黒やグレー、もしくはきれいなブルーやグリーン。

これについては、

ペンキが籐にすごく吸い込まれてしまって

なんだかきれいに仕上がらないことで中断しています。

また、今作っているような雰囲気のバッグに合わない気もしています。

もう一つの方向、

もとの色をつぶしてしまわない

ナチュラルな塗装はある程度見えてきました。

水性ウッドオイルか水性ワックスならできそうです。

しかしここで!

ふと目についたのが「水性着色ニス」。

ニスは「ファーストバッグ」の時に透明なものを塗りました。

一周回って、もう一度ニスです。

色付きでも浸透せずに塗膜を作って

しかもペンキと違って透明感もあるんじゃないかと。

使ってみたのがこちら。

和信の水性ウレタンニスの「チーク」と

カンペハピオの水性ウレタン着色ニスの「新オーク」。

f:id:chibie50:20150915225745j:plain

 

f:id:chibie50:20150915225753j:plain

薄くしたくて水で薄めて使いました。

写真ではわかりづらいですが。

一度塗りではツヤがほとんどありません。

二度塗りすると、明らかにツヤも出ますし、厚みが出ます。

一度塗りと二度塗りの部分は差がすごくある。

ということは、塗りムラをつくらずにスッキリと仕上げるには

かなりの技術がいるのだなあ・・・

これは難しい。

少なくとも今は。

ということがわかりました。

ツヤが欲しい場合はワックスか、

着色してからの透明ニス、

がよさそうです。

 

www.washin-paint.co.jp

www.kanpe.co.jp

 

 

www.zumibasket.com

chibie50.hatenablog.com