毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

秋の新作、なんとか形になってきました。

夏にはじめてiichiさんに商品を出品してから2か月半が過ぎました。

いかにも夏らしかった夏のバッグのままになっている私のページ。

新作の目指すところをまとめた記事を書いてからも

なんと1か月が過ぎてしまいました。

第2弾は第1弾よりはすんなり出せるだろうとか

思っていることがすでに全然違っていて

第2弾の大変さを感じています。

個人的なことを言えばこの期間に写真の方の個展も

どうにかやり終えた。

もう少しです。

 

f:id:chibie50:20150926122802j:plain

 

1か月前に考えたいくつかの方向に中で

実現しそうなのは「新しい形」と「塗装」です。

形は横長の少し大きめもいくつか作ったのですが

決めてに欠けるものしかできず

縦長の少し細めのタイプが

完成までたどり着きました。

 

底面の大きさは普通のお弁当がきちんと入る大きさ。

そのまま垂直に編みあげると少し細いので

三分の一の高さまで少し広がって

上の三分の二は垂直になる形。

厚みは一定。

マチも上にいくに従って広げると

意外とよくある買い物かごタイプになります。

それはそれでいいけれど

前回の続き、ということも踏まえていきたいので

今回は正面の姿だけ少し変化をつけます。

 

夏には横置きで使っていた書類ケースを縦に使いました。

膨らみを出す部分はプラダン(プラスチック段ボール)を使用しています。

つぎはぎでなかなか恥ずかしい

試行錯誤中の手作りの型ですが

 

f:id:chibie50:20150926131657j:plain

 

パーツ同士は仮止めなので最後に型を外すときに

取りにくければ分解して取ることができます。

四角の角をきちんと出した立方体を作っていくには

結構きっちり絞めながら編んでいかないとならないので

しっかりした素材で型をつくる必要があります。

紙の段ボールでは柔らかいし

濡らして編むのに適さない。

最初のうちは角度をつけていく部分を

地図の等高線のように斜面を近似した平面の重なりで作っていましたが

キッチリ編むと意外とそのカクカクを拾ってしまう。

なので角度のある部分もちゃんとそれなりの形にしないと。

三角をたくさん重ねて作るので自分でもカッターで切れる素材、

ということでプラダンを選びました。

ビバホームにもありましたがアマゾンでまとめて安く購入。

 

厚さは前回同様書類ケース3個分。

高さは前回より少し高くしました。

トートバッグ的な形から、

ハンドバッグ的な形に変わりました。

あとは

3種類の編地のバリエーションの決定と

塗装の決定と

出来上がったらネットショップ用の写真などの準備と・・・

もう少し、が案外大変。

でももう少しです。

 

chibie50.hatenablog.com

chibie50.hatenablog.com

chibie50.hatenablog.com