読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

かご編み用の型について

昨日の記事で

自作の型のことを書きました。

私のかご編みは

やることなすこと独学と自己流ばかりで

試行錯誤をはじめたばかりで

一般的な正解かどうかはわからないことばかりなのですが

ともあれ

今のシーズンはこの型で籐のかごバッグを編んでいます。

 

f:id:chibie50:20150926131657j:plain

 

100円ショップで買ったB5の書類ケース、

3個重ねの横に

プラダン(プラスチックダンボール)で傾斜した面を持つボリュームをつけてあります。

 

私はいまのところ

型を使わずにきれいな立体を編むことはできません。

型を使わずに編んだ歪んだ品物を

「味がある」と言ってしまえる状況でもありません。

なので型は重要です。

 

一つ編んでそれを売り、

次はまた違うかごを編んでそれを売る、

というスタイルはとっていません。

ワンシーズンの型を決めて、

編地のバリエーションを3つほど考えて

同じものを作って売る、

ということにしています。

自分の中にデザインや技術のストックがまだ全然ありませんし

やれることの中でなんとか商品として出せるような形にしていく作業なので

今はこれ!と言って出せるようなものは

結構な時間をかけてやっと一つに収斂できるかできないかという段階。

 

今までは型につかえるものがないかと

ホームセンターや100円ショップで探し続けていたのですが

うまく使えたのは四角いかごバッグの書類ケースくらいで

なかなか使えるものはありません。

植木鉢とか、料理用のボールとか

使えるかなと思っても

微妙な角度がちがうとか、

その容器特有の用途のための小さな凹凸とかが

邪魔になったりしてうまくいかない。

でもプラダンを使うことにしたので

これからは自分で好きなボリュームを作れる。

 

実際、本当の名人は型などいらないという

話も聞きます。

きれいな丸みも傾斜も

微妙な力加減と経験でコントロールできるのでしょう。

すごいことだと思います。

そこまで行けたら、職人を名乗れるのかも

しれません。

 

 

こちらは木で作られた型。

 

かご木型

                 出典:かごや

 

 

解体できるので取り外しやすくて便利だと思います。

木製なので、微調整のために木材で足していくこともできる。

基本的な大きさのこれが一つあれば

少しずつ変化をつけていけますね。

和装工芸 かごや」さんには素敵なやまぶどうのかごがたくさんありますが

この木型をはじめかご編みキットなどもあり

各種パーツも取り揃えられていて興味深いです。

 

 

この「かごや」さんのかごを製作している

株式会社タクミ製作所」さんのホームページでは

型を使ってかごを作っている写真が見られました。

 

海外海外

たくさんの、おそらくいろいろなサイズの型が積んであります。

 

 

そして、感動してしまったのが

こちらの方のブログ。

 

いろいろなサイズに対応して組み合わせ自在な

木材を自作されています。

すごいなあ。

以前私のブログでもご紹介した「ちいくろ」さんで

山葡萄のかご編み講習を受けられたようで

講習の様子やその後の作業の様子も

とても面白く拝見しました。

 

chibie50.hatenablog.com

 

 

chibie50.hatenablog.com