毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

「柳行李」は昔、うちにもありました。

 

豊岡杞柳細工の「たくみ工芸」さんは、材料となるコリヤナギの栽培から製作、加工まで一貫して行う国内唯一のメーカーなのだそうです。

takumi-yanagi.com

 

写真の立派な行李は129,600円。

うちにあったような庶民的な行李とは細工の質がちがうのだと思われます。

うちのは日に焼けた畳みたいな編地に深緑色の生地の縁がついていました。

 

 

柳行李は、丈夫で軽く、吸湿性・防虫効果があり、汚れたら洗うこともできる。

そもそも柔らかくて、詰め込むこともできるし蓋が盛り上がった状態でもいけるし少々荒っぽく扱ったって平気な感じだし。

どこのうちにもある、ほんとに庶民の「収納」雑貨だったんでしょうね。

引っ越すときはそのまま大八車につんで・・とか。

 

たくみ工芸のある兵庫県豊岡は、古くから柳細工の伝統を持ち、その柳細工について「古事記」に記載があったり「正倉院」に柳かごが上納されたりしている。

江戸時代には柳行李の生産の最盛期を迎えたとのこと。

行李を革バンドでバッグの形にしたものが「行李鞄」で、柳以外の素材で発展していく「豊岡鞄」のはじまりなのだそうです。

柳行李と籐のトランクの中間的なルックスですね。 

             出典:豊岡鞄

 

私が育ったのは昭和のサラリーマン家庭でした。生まれてすぐから団地に住んでいました。本社のあるところから転勤で引っ越していった先の工業地帯に近い地方都市の社宅ぐらし。

4階建ての鉄筋コンクリート造のアパート2棟が建つのは、階段でのぼっていく小高い丘の上でした。そこに住む人は同じ会社に勤めているというだけでなく世代的にも近い人達だったなと今振り返ると思います。幼稚園から小学生ぐらいの子供がいる家庭がほとんどでした。 

農業に触れる機会は全くありません。そのころ遊んだりしていた町の景色、うちのまわり、うちから学校まで、うちから駅まで、小学校高学年になってからは自転車で走り回ったあたりの景色も含め、畑や田んぼは浮かんできません。雑木林や謎の空き地、誰の所有なのか何なのかわからないような土地はたくさんあったように思いますが。

そんな暮らしの中で、なにか「かご」を使っていたかというと、うーん・・です。「竹ざる」は使っていたと思う。それから母の趣味で買った、今でいうインテリア雑貨的なものはあったかも知れないけど、ほかに思いつくのは「柳行李」くらいでした。

それも、このあいだの引っ越しの際に捨ててしまって、もうありません。