毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

「ReVALUE NIPPON」で中田英寿さんが日本の文化をめぐる旅をしています。

元サッカー日本代表の中田英寿さんが、現役引退後、世界中を旅していることはよく知られていますが、2009年からは改めて日本を旅し日本を知るための試みを続けていらっしゃいます。

その活動が記録されたサイトがこちら。

reVALUE NIPPON 

中田さんの写真が見られるだけでも私としてはうれしいのですが、文化・伝統・農業など取材は多岐にわたり、ものづくりについての取材も多くて驚かされます。

古いものばかりでなく新しいものも。

かご編みでは青森のあけび蔓工芸、岩手の鳥越竹細工、大分の竹工芸などが取り上げられていました。 

f:id:chibie50:20160102142324j:plain 

出典:ReVALUE NIPPON

 

伝統工芸の存続が危うくなって久しく、産業として成り立っているものは本当にごくわずかです。

ここに取り上げられているのは、いわばメジャーなものであり成功しているものであって、もはや途絶えてしまったり先々途絶えることが見えているものの方が多いのではないかと思います。

続いているところはそれなりの理由がある。

地域で守る体制があったり、新しいやり方で伝統を生かしていく試みを始めている人々がいたりするわけですね。

 

中田さんは海外サッカーで戦ってきた人ですし世界中を旅してきた人です。

お洒落だということは有名すぎるほどですが、そのお洒落は自分の肉体を捉える知性を表しているものとお見受けします。

そのことが日本を知る作業の考えの元になっているのではと思うのです。

自分の体も日本のものであることは間違いないのに、それを把握する知性というもの、自分を捉えるアイデンティティーというものがなんともおかしくなっていることに気が付いていて、大切にしていくべきことは何なのかをきちんと捉えなおしたいと感じているのではなかろうかと、思う次第です。

 

reVALUE NIPPON