毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

ナンタケットバスケットをモチーフにしたウェッジウッドのシリーズ。綺麗です。

f:id:chibie50:20151029171754j:plain

出典すべて:WEDGWOODホームページ

 

この真っ白な美しいお皿は、イギリスの有名な食器ブランド、ウェッジウッドの「Nantucket Basket」シリーズの「Nantucket Basket Salad Plate」です。

日本語のホームページでは出てこないのですが、英語版のページにはプレート、ボウル、マグ、カップ&ソーサーなど、各種用途に使えるラインナップが揃って出ています。

プレートなどはとてもシンプル。かご編みの編み目だと言われないと気づかないくらいだと思います。

 

こちらは「Nantucket Basket Tea Saucer」。

The fullpage view of the image

内側にはさすがに編み目はないのですね。当たり前ですかね。洗いにくくなってしまいますもんね・・

 

それにしても編み目の模様というのは本当に単純で、単純ならではの美しさがありますね。ウエッジウッドの美しいデザインと美しい仕上を邪魔しません。

それからかご編みはかご編みでもそこはそれ、ナンタケットバスケットです。

ウエッジウッドの高級感を損なわない、品格が同等だと認め合っているようにお見受けします。

もちろんナンタケット以外のかご編みが品格が低いと言っているわけではないですが、目指すところが近いというか、デザインのポリシーに共通な部分が多いのではないかと思われます。

 

f:id:chibie50:20151029171839j:plain

 いちばんバスケット感が出ているのが、こちら「Nantucket Basket Covered Vegetable Bowl」です。

蓋の合わせ目に付けられた留め具も再現してありますね。それから蓋の中央部分は実際のナンタケットバスケットではおなじみの貝のモチーフが。

あれ!これどこが開くの?と思ってしまったのですが、実際のかごで開く部分じゃなくてその上の部分が開きます。

 

www.wedgwood.com

 

 

 

こちらでお取り扱い中。