読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

これで行こうと決めてからもなんだかんだでいろいろある③

ハンドメイド通販サイト「iichi」さんで

かごバッグを販売しています。

 

この秋から発売している「細面のかごバッグ」です。

これで行こうと決めるまでも大変でしたが

決めた後も

やっぱりここがだめだからこう変えようというところが

細かく言うとたくさんでてきます。

とてもめんどくさいことではありますが

一つずつ問題点を整理してメソッドをつくっていけば

少しずつ楽にきれいに作れるようになるので

それを目指します。

 

人の脳は楽をしたいものなのだそうです。

どうしたら楽ができるか、ということが

いろんなことのモチベーションになっている。

歩きなれた道はほとんど周りを見ずに歩けているように

悩んだり余計なことを考えずに過ごせるのが

脳には何よりうれしいことだそうで

私もそれを目指しているんだろうと思います。

 

だんだん足場がしっかりしてくる充実感は

次への階段を登らせてくれるとほんと思います。

 

しかし急に他の事で忙しくなって心が何かで占領されたり

落ち着きをなくしたりしていると

自分で決めた決まり事を忘れたり怠ったりしてしまいます。

 

先日は、昨日の記事で取り上げた縦芯の倒ればかりを意識して

しかもやや納期に追われた状態で作っていて

編んでいる途中で型のパーツ同士をとめているテープを外すのを

忘れていました。

しかもかなり締めながら編んでいる。

外すポイントを過ぎてから気づいたものの

まあ大丈夫だろうと急いで編み上げてしまったら、

これが外れない。

この状態で

f:id:chibie50:20151104100814j:plain

ピクリとも動かない。

手の摩擦係数をあげるためにゴム手袋をしてもダメ、

底から細いもので突き上げてみても刺さってしまってダメ、

上から引っ張るために紐を通そうにも無理、

まあわかっていたことではあるけれども結局は実力行使で

本当に少しずつ少しずつ全力で引っ張るしかない。

全力で2時間。

筋肉量の少ない私の全力の2時間。

かごを傷つけないように気遣いながらの2時間で

ようやく外れました。

出来上がったかごは私の疲労などそ知らぬ顔の美しい仕上がりで、

まあ事なきを得たのですが・・・。

f:id:chibie50:20151104100830j:plain

 

ひとつ前に編んだ矢羽編みの方でかなり締めて編んでも大丈夫だったので

油断していました。

よろけ編みという編み方が、平面的ではないだけに

締まっている部分が型の柔らかい部分(プラダンの部分)に

食い込むくらいの勢いになってしまっていました。

型がちゃんと分解できるようにしてあれば済んだことです。

 

それを怠らないことでクリアできるはずですが

それでも外れなかった場合の為に

固定用の紐を上まで通して結んでみました。

もしもの時には紐を本体側と型側に固定して

引っ張ることができるようにというわけで。

しばらくは併用してみます。

f:id:chibie50:20151104100917j:plain

 

いい加減な作業、ずさんな管理を見逃してまでも

納期を優先したばっかりに後々莫大なつけが回ってくるという

昨今の倒れたマンション問題の教訓を

私も心に刻まなければと思いました。

 

 

 

美しい仕上がり。

 

f:id:chibie50:20151104100923j:plain

 

 

 

www.zumibasket.com

www.zumibasket.com