毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

バリ島「IBUKU」のバンブー建築は大きなバスケタリーでした。

最近日本のテレビでも紹介されて

とても話題になっているバリ島のバンブー建築。

これがすごいので動画をシェアさせてもらいました。

まるで大きなバスケタリー。

感銘を受けております。

 

日本でも竹が建築に使われてきた例はあると思いますがその常識を大きく超えて

構造体から全てが竹であり、

大規模であり、

ほぼ恒久的なものを目指されており、

竹素材の懐かしい感覚を超える未来的な感覚です。

こんなものは見たことない。

 

 

動画・スクリーンショットはTED Ideas worth spreadingより

 

 

 

 

グリーンビレッジ。

ソーラーパネルらしきものも見えています。

f:id:chibie50:20151107120924p:plain

 

f:id:chibie50:20151107120909p:plain

 

これらを手掛けたのはチーム「IBUKU」というチーム。

インドネシア語で母なる大地という意味だとビデオの中でも語られています。

現在の中心人物は語り手でもあるエローラ・ハーディーさん。

ご両親の始められたグリーンスクールをはじめとして、

個人宅を多数含むグリーンビレッジ、

レストランやリゾート施設など次々にでき、

毎日の見学者は100人を超えているようです。

オーナー不在の際には宿泊できるバンブーハウスもあり、

大変な人気を集めているそうです。

 

やはりリゾート的な雰囲気で室内もオープンです。

ポイント的にクローズなところが作られていて

そこがまた素敵です。

これは比喩ではなくバスケタリーですね。

優しい形をしています。

個人的にはバンブーとガラスの融合もツボです。

 

f:id:chibie50:20151107120917p:plain

 

模型もバンブー。

一本ずつ全部違う竹をどこにどう配置していくかということなども

最新の建築技術と現地の方々の知恵と働きに支えられています。

f:id:chibie50:20151107121153p:plain

 

 これは元禄編みですね。

f:id:chibie50:20151107120930p:plain

 

バリの現地の伝統を活かし受け継ぐ意味もあるだろうし

エコロジーの視点からも素晴らしいものであり

外からの視点でそれらを大きく広げて実現していくという思想が

結実している様子を目の当たりにしました。

 

 

グリーンスクールについてはこちらに詳しく。

nge.jp