毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

クラフトバンドのバッグにもすごい作品がありました。

バスケットについて調べていると

pinterestという英語版の写真共有サイトの画像に行きつくことがわりとよくありまして

こういうSNS的なものが得意ではないのですが

欧米系の見たこともないようなバスケットが結構見つかるので

一時期よく見ていました。

そこで目にしたのがこちらの写真なのですが

f:id:chibie50:20151229141932j:plain

写真のクレジットが日本語だったので驚いたのです。

これ日本の方?

そしてエコクラフト!あの!エコクラフト。

 

千鳥格子にも似た模様が全面に施された

スッキリした姿のそのバッグは

地味な配色ながらもどこか鮮やかで華やか。

そして「昼と夜」とこれまた粋なクレジットがふられておりまして

それをもとに涼さんという方のホームページに

たどり着きました。

 

そこでさらなる驚きが。

エコクラフトを使っていくつものかごを作っていらっしゃるのですが

そのどれもが素晴らしく、

私のエコクラフト感を軽々とくつがえしてくれるものでした。

バッグ以外のかごも素敵なのですが

今回は私好みのバッグばかり写真をコピーさせていただきました。

 

写真全てRyo's notebookより

f:id:chibie50:20151229143936j:plain

f:id:chibie50:20151229144008j:plain

 

私なんかが褒めちぎるより写真を見ていただく方がはやいのですが・・・

まず目に飛び込んでくるこの色使い。

ピっと際立っています。

ただ青と白のテープを組み合わせてもこうはならないです。

 

編み方はおそらく竹工芸の模様編みがもとになっています。

似た感じのエコクラフトのバッグを見たことはありますが

それらはいずれも竹工芸を真似してみたという範疇にとどまっていました。

涼さんのバッグの魅力はそんなレベルを軽く超えています。

 

詳しいことはわかりませんがエコクラフトは紙でできたテープです。

植物から作られるかごの重要な要素である、素材自体の独自性や不揃いさがまず全くありません。

籐も個性がなくて、よく竹やあけびの真似になりますが

これほどではありません。言っても籐は植物ですし。

籐を使う私も真似と個性のあいだで道を探しているわけです。

涼さんのバッグはサラリと、しかも見事に道を見つけられた感があります。

 

エコクラフトの世界にもすでに

ある程度選択可能なメソッドのストックがあるのだとは思います。

それらのチョイスの仕方と、突き詰め方がすごいのでしょうか。

全体のバランスをとって完成するまでには

たくさんの細かいひらめきと工夫が積み重ねられているとお察しします。

 

結果として

紙を使うことの魅力ってなんなのか、紙でないとできないことはなんなのか、ということの答えが、ちゃんと出ているように思います。

紙一枚一枚の重なりや

折り紙を思わせるような日本独特な平面的で直線的な構成、

それらがほんとうに自由に(!これが重要)、

色と形を楽しむ気持ちで(!これも重要)、作り上げられています。

 

f:id:chibie50:20151229144345j:plain

f:id:chibie50:20151229144041j:plain

 

そう思ってみると

巷にあるエコクラフト作品は中途半端なものだということがはっきりします。

エコクラフトに罪はない。(エラそうですみません。)

でも作品のもつ代用品的な雰囲気が籐工芸作品と通じるところがあるので

つい思い至ってしまいます。

エコクラフトの教則本とか、ハンドメイドサイトで売られているものを見ても

同じような印象です。

可愛いものはたくさんありますけども。

 

なので涼さんはきっと、お手本があるようで本当は無い、

孤高の一人旅なのだと思います。

でもその楽しさを教えてくれる人でもあるようです。

ブログを見ていると感じます。

 

atelierryo.blog133.fc2.com

 

ところでこの涼さんの作品群、

かご編みについて嗅ぎまわっている私でもpinterestを見るまでみかけることがなかったので

これだけのものがなぜあまり世に出ていないのか不思議に思い、

これは全く商品化されていないのではと思い、

その場合勝手にブログに書くわけにもいくまいと思って

思い切ってメールでご挨拶しました。

突然の申し出だったのに快く了解していただき、

やはり商品化はされていないとのことでした。

割に合わないからということです。

こんなにすごいバッグなら少々お高くても絶対売れる、などとよく知りもしないのにメールに書いてしまいました。

でもやっぱり今でもそう思います。