読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

籐のコルセットやパニエ、ドルチェ&ガッバーナ2013年春夏コレクション

少し前の話ですが

2013年のドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)の春夏コレクションは

籐を使ったドレスが注目を浴びたようです。

バッグではなくドレスです。

 

ドレス、といっていいのかわかりませんが

昔の貴婦人のコルセットの骨組みというか

スカートを膨らませたパニエなどを思わせます。

f:id:chibie50:20160327235712j:plainf:id:chibie50:20160327235710j:plain

出典:VOGUE.com

昔のコルセットの骨組みは鋼鉄や鯨髭でできていたそうですが

パニエは籐を使っていたこともあったようです。

そのようなことからのインスパイアなのかもしれません。

 

ドルチェ&ガッバーナの故郷でもあるシチリアの海と太陽を感じさせる

クラシックで上品なリゾート感あふれるこちらのコレクション。

籐をつかったシリーズは最後に登場して

喝采を浴びたようです。

f:id:chibie50:20160327235659j:plainf:id:chibie50:20160327235654j:plain

出典:VOGUE.com

 

シチリアをはじめとしてイタリアにも籐工芸の伝統があるそうですね。

お揃いのエレガントなバッグも作って欲しかったところです。

と思ったらありました。

ショーの映像をよく見ていると何度か出てきます。

バッグは

すごく素敵だけどベーシック。

いくら素敵でも一般人にはどうしていいかわからないようなドレスに比べたら

高価格でも売れていくバッグは

現実に則してのデザインになっているということでしょうか。

作りとしては

太めの籐だけど紅籐ではなく(多分)昔ながらの丸芯であるのがうれしいです。

ハイブランドのバッグとしての高級感がどのように備わっているのか

実物を見たいですね。

f:id:chibie50:20160328214902j:plain

2012年のコレクションなどでも

籐で編まれたわりとカッチリしたバッグが出ていたようです。

 

こういうのもありました。

家具とか布団叩きとかに使われるような蔓のままの籐のフレーム。

これもまたすごくいいな。

 

f:id:chibie50:20160328215738p:plain

出典:trinketadvisor.com