毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

あけびのかごバッグを探す。⑦岩手、山形、宮城。

あけびかごバッグを探すシリーズはまだ続いております。

 

青森、福島、秋田、と見てまいりました。

東北地方では他に岩手と山形と宮城のものも見つかりました。

 

「着物+帯+小物+生活雑貨=おまめ」という「OMAME」さんは

洋服を着る感覚で和装用の小物を選べそうな可愛いお店。

あけびかごは岩手県のものを主に取り扱っていらっしゃるようです。

色ムラが多めで少しワイルドな種類のあけびが使われているかご達。

持ち手がグニ手になっているのも特徴ですね。 

f:id:chibie50:20160830105144j:plain

一部透かし編みや色の濃い材をアクセントに使ったものなどもあります。

 f:id:chibie50:20160830105205j:plain

【岩手県 あけび蔓細工】あけびかご 手提げかご

ざる目編み×透かし編み グニ手【RCP】

価格:15120円(税込、送料無料)

 

 

 

 

岩手県の西加賀には「農業高齢者創作館」というところがあって

ここで地元のかたたちによってあけびのかごがたくさん作られているのだそうです。

蔓の採取や選別から行い、本格的に制作して販売もされています。

転がり込んだら入れてもらえますかね。

f:id:chibie50:20160429122344j:plain

もともとは趣味として始められたと書いてありますが、

できあがったかごバッグは完全にプロの作品なのだと思うのですが。

これもやはりグニ手を用いたタイプ。

f:id:chibie50:20160429122350j:plain

www.nishiwagafan.jp

 

 

 さて、「OMAME」さんには山形のものもありました。

f:id:chibie50:20160830105326j:plain

山形県の大井沢は山葡萄のかごの発祥の地なのだそうで

こちらのかごは山葡萄と胡桃とあけびのミックスになっています。

少し柔らかい感じが出ていいですね。

北国の冬に温かさを添えるようなバッグ、ですよね。

 

 

山形には

小国町のかご作家「kegoya」さんがいらっしゃいます。

f:id:chibie50:20160429131417p:plain

 この地方の山で採れる材料を使ってものづくりをされています。

「編みたての古かご」とあるように

何とも言えない風情のあるかごです。

シンプルな服装に合わせて持ちたい。

(jokogumoさんのネットショップではただいま在庫切れ。)

f:id:chibie50:20160429131302j:plain f:id:chibie50:20160429131300j:plain

 出典:jokogumo

jokogumo.jp

 

 

小国町では観光協会がホームページを作って伝統の蔓細工を紹介されていて

あけびのバッグは2種類並んでいます。

ショッピングカート形式にはなっていませんが

お問い合わせの上、お求めになれるんではないかと思います。

f:id:chibie50:20160502104800p:plainf:id:chibie50:20160502104349j:plain

 

  

そしてこちらは

世界の津々浦々から集めたくらしを楽しくする道具を紹介・販売する通販サイト『くらしの道具 haus-ka』さんで取り扱われていた山形産のあけびかごバッグ。

持ち手の付け方や縁の仕様に特徴があります。

残念ながら在庫切れ。

f:id:chibie50:20160429131843j:plain

山形 こだし編み あけびかご 19,440円(税込) 

 

 

山形の鶴岡市郊外であけびかごを作っている本間さんという方について書かれた記事。

この地域に何人かおられたあけび細工の作り手はもういなくなり

本間さんだけが残って独学的に研究しながら楽しんで作られているということです。

 

  

最後に

宮城県のあけび職人、和島常男さんのバッグです。

渋谷区神宮前に実店舗のある「QUICO」さんのネットショップに

バッグだけで14種類も並んでいました。

大きさと縦横比にいくつかバリエーションがあり

普通のこだし編みと横材が矢羽編みみたいになったこだし編みがあったり

下半分がざる編み、上半分がこだし編みになっているものがあったりしますが

そのどれも、

デザインの完成度が高く、美しく、

共通する静謐な雰囲気を備えていると思いました。

f:id:chibie50:20160502112441p:plain

f:id:chibie50:20160502112311j:plain

手提松葉編上こだし 中  ¥50,760

f:id:chibie50:20160502120042j:plain

 手提こだし編 2回り 中 ¥64,800

 

 

 

今まで見てきた青森・福島・秋田に比べて

なんとなく無国籍というか、どちらかというと欧米風な感じと

どこか素朴で山のもので作られた感じもする

岩手・山形・宮城のあけびかごバッグ。

グニ手のせいなのか、

編み方のせいなのか、

素材選びのせいなのか。

 

不思議と

宮本工芸さんの素晴らしいリング手の技術とか

中川原信一さんの素晴らしく揃った美しいこだし編みとかみたいに

精巧に精緻になればなるほど和風なものに見えてくる気が個人的にはしています。

 

シンプルなあけびのかごに

地方地方の素材の少しの違いや

編み方の特徴で

意外にもいろいろな個性があります。

 

ありますが

しかし、もはやあけびかごは

その土地特有の特徴というのも多少あるけれど

それよりも職人さんや工房ごとの特徴を出していくものに

なっているようにも思います。

 

あけびのかごバッグ探し、もう少し続きます。

 

 

www.zumibasket.com