読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

2016秋・製作中④この冬のデビューを目指して、四角い器。

籐の手提げを作っている過程で

失敗してしまってリカバリーもできないような時には

捨ててしまうのはもったいないので

底編みの部分を活かして別のものにしたりします。

そんなふうにして

これといってどうということもない、

中途半端な入れ物がかなりの数になりました。

それなりには使えてはいますが

最初からそれようにちゃんと計算して作っているわけでもなく

売り物になるようなものにはなっていません。

f:id:chibie50:20160913165340j:plain

手提げ以外の商品として

これまでに丸い器はなんとか1種類を売り物として出せていますが

四角い器はまだ。

バッグは四角ばかり作っていますが

器となると意外となかなか。

以前の記事で「何かの置き場」などと持って回った言い方をしています。

丸い器と同じようにやっぱり四角い器も

何を入れるか決まっている入れ物ではなく、

何を入れようかと楽しく考えてもらえるもの、

何か大事なものを入れたいと思ってもらえるもの、

を作りたいという方向に定まりつつあります。

 

この記事の時のような感じの箱型の入れ物も

あけびみたいなワイルドな蔓で作るとワイルドな表情がいかされて

シンプルな形でもとても素敵ですが

籐では全然魅力的なものにならない。

それは常々バッグでも感じでいることなので

同じような方向がいいのかどうか検討しつつ

なんとか魅力的なものにできないかと

考えています。

f:id:chibie50:20160913165550j:plain

バッグと同じように多面体ワーク、

そして模様編み。

f:id:chibie50:20160913172310j:plain

なぜか計画より大きく仕上がってしまうので

しっかりした型に作りなおして

f:id:chibie50:20160913165415j:plain

まあまあの形に。

f:id:chibie50:20160913165401j:plain

f:id:chibie50:20160913165428j:plain

編み方はやはり透かし編みを入れたい。

f:id:chibie50:20160913165353j:plain

新しいトライは上端の終らせ方。

4本縄編み一段でひっかかりを作って

その上は2本縄編みで厚みがでないようにして

蓋をのせられる形にしてみました。

そう、大事な物入れとはやはり

蓋付なのではないかと・・・。

 

なるちゃんバスケットみたいなバスケットはだいたいこんな風に

なっているみたいです。

写真を見たらこれはこういう風に編んであるというのが

少しずつわかるようになってまいりました。

だけど蓋は、

まだしばらくかかりそうです。

ぜひ冬までには。