毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

2016秋・商品化まであとわずか③四角い器に蓋をつけた。

秋の新商品を試作しています。

ほぼ商品化のめどがつくまでになってから記事にしようと思っていたら

いつまでも記事が書けないという状態が続いてしまいました。

 

今苦しんでいるのは「手提げ」でない「かご」です。

「手提げ」の方の記事と同様に製作過程の写真などを載せようと

選んでいたのですが

どうにも下手過ぎて嫌になってやめました。

 

試行錯誤を楽しめればいいのですけど

なかなかそうはいかないものです。

 

頭の中で計画しているときはひたすら楽しくて

あれもこれもやりたいと思っていても

現実的にはたくさんのハードルがあって

次第に追い詰められた気持ちになり

最初は楽しい気分でうまくできていたことまで

できなくなっている自分がいたりします。

 

「手提げ」の方が考えやすい、作りやすいというお話は

何度も書いてきたかと思います。

勿論「手提げ」も新しいものを作るのは大変ですが、

既に商品化し、多いものでは何十個単位で同じものを編んだ「手提げ」は

大きさと作り目の関係がいくつかのパターンで頭に入っていたりして

それをもとに次を考えることができますが

「手提げ」でない「かご」、特に「丸かご」はそれがなかなかつかめない。

 

また、「手提げ」においては底編みは単なる底板で

立ち上がってからの側面の形と編み方で魅力を出していくわけですが

「手提げ」でない「かご」は

底編みを見せるのか、

立ち上がり部分は内側を見せるのか外側を見せるのかということを選ばなければならないし、

底編みの大きさや形と立ち上がりの高さと編み方、角度などなど

無限の組み合わせがあって

自由なだけになかなかスタートラインにつけません。

 

思えばただ一つ商品化できている「丸い器 1」は

ほぼ底編みだけで成立していると言えるほど

要素として単純なので

未熟者でも決めきれたのですね。

私はまだそこから一歩も動けてないということです。

 

 

 

このところご注文を受けていない日はこの「かご」に囚われていて

もうここまでにして

明日からは発売待ちにしてある「手提げ」の仕上にかかろうと毎晩思いますが

翌朝、部屋を掃除して作品に向き合うと

いや、結構魅力もあるのだから

手と頭が慣れている間に

あと少し努力をしていいものにしたいという気持ちがフツフツと出てきます。

何度もほどいた籐はガサガサになっているので

ますます手荒れもひどくなった指でまた

黙々と欝々と終日やるのですね・・

 

 

 

細かい部分を変えながら何回も編んでほどいてを繰り返し

死屍累々なんですけど

写真ではまあまあに見えますね。 

f:id:chibie50:20161023175915j:plain

中でも丸よりは四角の方が

手提げで練ってきたことが生かせている。

 

丸よりは四角の方が先に、続きを考えていける気がする。

だけどこれだけでは商品にはならない気がする。

 

というわけで

やり方もよくわからないままに適当に

蓋を作ってみた。

f:id:chibie50:20161024173724j:plain

f:id:chibie50:20161024173731j:plain

これね、本当に下手ですよ、実際。

でもちょっと笑える可愛さが生まれました。

不思議ですね。

蓋ってすごいです。

 

決してうまくできてはいないのですが

ここまできて昨日までの沈んだ気持ちが少し晴れてきました。

なんとか記事も書けた。

先へ、行けると思います。

 

シリーズ記事なのでこのタイトルにしましたが

あとわずかというのはうそで、もう少しかかります。

これをもう少し洗練させられたら

またお知らせいたします。

 

ではまた。