毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

これは気に入ってます。「六角の手提げ」。

連休明け、iichiに新作をアップいたしました。

「六角の手提げ」と申します。

f:id:chibie50:20170508205141j:plain

f:id:chibie50:20170508205149j:plain

編み方はまずは「よろけ編み」。

少し角ばった形に、柔らかい模様がよく似合います。

 

本体はわりと単純な六角形なのですが、サイドラインの延長線上の持ち手をつなげたら、雫のようなかたちができました。

 

 

私の手提げの変遷でご説明しますと、「細面の手提げ」の口を閉じたような、

f:id:chibie50:20170508212436p:plain

「小さめの手提げ」を少し大きく単純な形にしたような、

f:id:chibie50:20170508212504p:plain

「栗の手提げ」を細長く直線的にしたような、です。

栗の手提げの画像1枚目

私の手提げの中ではやや小さい部類ですし、上に向かって細まっていますので、使いやすさを考えてマチの幅を今までのものよりも2センチほど拡げました。

それが使い勝手だけでなくデザイン的にもよかった。

小ささをあまり感じさせない効果も。

f:id:chibie50:20170508205157j:plain

持った時の納まりもよく、オープンすぎない安心感もあり、ちょっとしたハンドバッグ的に、町に出る(言い方が昔の人みたいですみません。)ときの手提げにしようと思います。