毎日を編むブログ

かごについて調べ、考え、編んでいます。

ベルメゾンの洗えるバスケット。

ベルメゾンのホームページで、なんだかいい雰囲気の写真に目がとまりました。

 f:id:chibie50:20170527142643p:plain

洗えるラタン風買い物バスケット|通販のベルメゾンネット

今ではなかなか貴重になりつつある感じの玄関です。

ちょっと土のついたお大根、直入れというのも私の生活では無いことですが、でもそれもこの風景の懐かしさに一役かっていますね。

 

しかしこのかごバッグ、よく見てみると籐ではなく、洗える樹脂製、ポリプロピレン製だということです。

こちらの写真になるとやっぱりそんな感じがよくわかります。

f:id:chibie50:20170527142710p:plain

ホームセンターなどでよく見かける、洗えるカトラリー入れのかごなどと同じ素材のようですね。

www.bellemaison.jp

 

ベルメゾンの洗えるバスケットシリーズは、ほかにもいろいろありまして、メインはやっぱり生活雑貨とか収納用品ですね。レビューの付き方からみても。

なんとなく見た感じ、結構いい感じというか、自然素材風にみえますね。

f:id:chibie50:20170527145256p:plain

ふた付き洗える角型ランドリーバスケット|通販のベルメゾンネット

f:id:chibie50:20170527144933p:plain

ラタン風洗えるバスケット3サイズセット|通販のベルメゾンネット 

www.bellemaison.jp

そこそこのお洒落感と使い勝手の両立。

さらにお求めやすさ。

そのベルメゾン的着地点には敬意を表さなければならないと思います。

 

自然素材で作られて売られているかごが、悲しいほど雑な作りであることもままあって、それよりはずっといいですね。

 

バスケタルは今のところ籐の丸芯だけなのですが、私としては自然素材にこだわるというよりは、かご編みにこだわっていきたいと思っています。

人工素材も面白そう。